会社概要
  • 会社概要

    創業35年のお惣菜店が母体となる会社ですが、会社設立が平成12年と企業自体は若く、年々業績も上がっています。
    会社運営の主力が30代と年齢も若く、非常に活気のある会社です。現在、阪神間を中心に6店舗、お惣菜店、飲食店を運営しており、今後も新たな事業を計画中です。

会社名 有限会社 ウチノ
住所 〒662-0945 兵庫県西宮市川東町4-2
事務所 〒662-0945 兵庫県西宮市川東町4-2
TEL/FAX 0798-39-7986
創業 昭和50年
設立 2000年9月7日
資本金 300万円
代表者 代表取締役 社長 内野 久
従業員数 従業員 70名(パートタイマーを含む)(2012年10月末日現在)
事業内容 飲食店・持ち帰り惣菜・弁当店の製造及び販売・食品卸・給食(保育園)
工場 西宮工場 西宮市宮前町8-37(2010年1月より稼動)
店舗 【内野惣菜店 川東本店】 西宮市川東町4-2
【内野家 お惣菜プラス住吉店】 神戸市東灘区住吉宮町4-4-1キララ住吉1F
【内野家 お惣菜プラス西宮戎前店】 西宮市馬場町6-20
【内野家 お惣菜プラス門戸店】 西宮市門戸荘17-50チコマート内
【内野家キッチンにぎわい亭】 神戸市東灘区住吉宮町4-4-1キララ住吉1F
【だしの店 つみ木】 西宮市馬場町6-20

沿革

昭和50年3月2日 西宮市川東ショッピングセンター内にて「内野惣菜店」創業。
(店舗3坪 / 工場5坪 / お惣菜の製造、販売 約25品目)
昭和57年 自家製のお寿司の製造を始める。
昭和60年 同ショッピングセンター内 別店舗に移転 新装オープン、同時に工場も新店舗、裏に移設。
(時代の流れにより、ショッピングセンター内の他店の閉店が相次ぐ。ショッピングセンターが一部スーパーマーケット形式に変わるが、
内野惣菜店は継続する。)
平成7年1月17日 阪神大震災により、ショッピングセンター一部倒壊。
ショッピングセンター内のスーパーが倒産も内野惣菜店は継続する。
平成12年9月7日 (有)ウチノ 設立。
平成13年 スーパー「バザール川東」の経営を引き継ぎスタート。
平成15年 (有)ユウキ 設立 (スーパーマーケット部門)
平成15年5月 芦屋市陽光町 スーパー「モンアイーザ」 開業。同店舗内「内野惣菜店 芦屋店」開業。
平成16年5月末 スーパー「バザール川東」 閉店。
平成16年12月 「内野惣菜店 住吉店」開業。
平成17年9月 「内野惣菜店 西宮今津店」開業。
平成18年3月 川東本店裏工場をモンアイーザ店内に工場を移転。
平成18年5月 スーパーパルヤマト 六甲道店内 惣菜コーナーに「内野惣菜店 六甲道店」開業。
平成18年7月 川東本店を同施設内 旧ヒロタ薬局 店舗に移転。「内野惣菜店 川東本店」新装オープン。
平成18年11月末 「内野惣菜店 西宮今津店」閉店。
平成19年10月 「内野惣菜店 住吉店」横 カメラ店閉店に伴い、店舗増床。「内野惣菜店 u.Dining 住吉店」新装オープン。
平成21年4月 JR住吉駅売店 「カリーノ」にてお弁当、おにぎり、お惣菜の販売スタート。
平成21年10月 住吉店 同施設内別店舗にて「u.Dining Osouzai Café&Bar」開業。
平成21年12月末 芦屋市陽光町 スーパー「モンアイーザ」 閉店。
平成22年1月 西宮市宮前町 「内野惣菜店 西宮工場」設立。芦屋工場より工場機能を移管。
平成23年3月 内野惣菜店 創業35周年を迎える。
平成22年4月 お惣菜を主とした食のブランド「内野家」の創設
平成22年4月 「だしの店 つみ木」、「内野家 お惣菜プラス(仮名) 西宮戎前店」  同時 開業
平成22年10月 u.Dining Osouzai Café&Barの全面リニューアル改装により、「内野家キッチンにぎわい亭。」新装オープン
平成22年10月 「内野惣菜店 u.Dining 住吉店」一部改装、「内野家 お惣菜プラス住吉店」新装オープン。
平成23年3月 宅配事業 「u-deri」 開業。
平成24年2月 内野家 お惣菜プラス門戸店 開業
  • 代表取締役 社長:内野 久

    代表取締役 社長:内野 久

    私が昭和50年に西宮の地で「内野惣菜店」を創業して、かれこれ35年が経過致します。
    創業当初は、まだ「お惣菜を買う」ということがお客様の意識にはない時代で、青果店や鮮魚店、精肉店が主流の時代でした。
    この35年で時代は大きく変化し、今では24時間どこへ行っても、すぐに食べられる物が手に入る、非常に便利な時代になりました。
    お惣菜業界も時代の流れによって大きく変化した市場でありますが、創業以来の内野家のこだわりである「毎日、毎日こつこつと手抜きなしの手作業でお惣菜をつくり、販売し続ける」というスタイルはこれからも徹底して、若い世代にも伝えていきたいと考えております。
    内野家の従業員は、これまで数多くの喜びも悲しみも、苦難も乗り越えてきてくれました。
    従って、これから起こり得る、どんな困難にも力を合わせて、乗り越えて行ける仲間だと確信しております。
     
    2010年に創業35周年を迎えられましたことは、多くのお客様とお取引させて頂いている問屋各位、そして、従業員のみんなの力に支えられてきた賜物だと、本当に感謝致しております。これを機に生まれたこの「内野家」というブランドを、より多くの人々に愛されるブランドにするために、従業員一同、邁進して参ります。
     
    「おいしさにまごころ込めて。」「内野家」はこれからも、お客様においしいと心の底から喜んで頂けるお惣菜、お料理をつくり続けます。
    今後とも、「内野家」グループをよろしくお願い致します。

  • 副社長:内野 年記

    副社長:内野 年記

    「内野家」グループは現在、お惣菜店が5店舗。飲食店が2店舗。 西宮セントラルキッチンを中心とした阪神間エリアで、毎日営業をしています。「内野家」のお店はどこに行ってもおいしい。楽しい。元気になる。そう言ってお客様に喜んでもらえるようなお店づくりを目指しています。
    ご来店頂けるお客様、当社に携わるお得意先、「内野家」で働くスタッフが一人でも多く集まって「『内野家』でよかったなぁ。」と心から笑顔で言える。そんな、グループにしたいと強く思っています。
     
    これからも、守るべきものは守り、その反面、自分たちからより多くの変化を発信していきます。
    そして、その結果、「内野家」を通して、一人でも多くの人に本当に幸せな人生を送ってもらいたい。
    幸せの循環を「内野家」発信でおこしていきたいと考えています。
    そのために、今後も継続的な事業展開を行って参ります。
    今後とも、「内野家」グループをよろしくお願い致します。
    副社長ブログへ≫