ほんまにおいしい通信
ほんまにおいしい通信
内野家グループは「食を通して1人でも多くの家族を増やし続けます。」という経営理念のもと、お客様、取引先、スタッフ、内野家にたずさわる全ての方々を「家族」ととらえ、また、「家族」みんなが本当に安心して、毎日食べることのできるおいしい「食」の提供を実践していきます。
「ほんまに安心。ほんまにおいしい。ほんまに手づくり。」
本物の「食」のブランド「内野家」を実現していきます。
・・・内野家のお惣菜を、西宮から世界へ!!を合言葉に、内野家は日々成長しつづけます。

バックナンバー

  • ほんまにおいしい通信 No.01

    01 / 02

  • ほんまにおいしい通信 No.02

    01 / 02

  • ほんまにおいしい通信 No.03

    01 / 02

  • ほんまにおいしい通信 No.04

    01 / 02

  • ほんまにおいしい通信 No.06

    01 / 02

  • ほんまにおいしい通信 No.07

    01 / 02

コンセプト

全ては、 「ほんまに安心。ほんまに手づくり。ほんまにおいしい。お惣菜」 のために…。
  • コンセプトイメージ01

    仕入~下処理~調理まで。全て手作業・手づくりです!
    自家製・手づくりがおいしさの秘訣。

    内野家のお惣菜は「毎日手づくり」にこだわっています。
    毎朝、自分たちで卸市場に仕入れに行き、商品到着後すぐに野菜の下処理を行います。その後、下調理まで仕入したその日に行い、翌日の朝、一気に商品に仕上げていきます。手づくりはもちろん、この商品の「鮮度」がおいしさの秘訣です!!
    生鮮品は在庫を置かず、毎日仕入をすることを創業以来徹底して行っています。全てはお客様に本当においしいお惣菜を食べて頂きたいから。これからも内野家のお惣菜は「鮮度」と「手づくり」にこだわり続けます。

  • コンセプトイメージ02

    内野家のお惣菜は保存料・着色料 無添加のお惣菜です。

    内野家セントラルキッチンには、おもに家庭で使う調味料しかありません。砂糖、お醤油、塩、味噌、お酒、、、、それと、中華、洋風に使うちょっと専門的な食材や調味料など・・・あとは、その時々の食材を、料理人が頭をひねって考えて、内野家の味にアレンジして少しでもお客様の喜んでもらえる商品をつくります。
    それが内野家の味は家庭的な味だと言って頂ける所以だと思います。製造工程ではPh調整剤などの保存料や着色料、余分な化学調味料などは一切使用していません。

  • コンセプトイメージ03

    お惣菜の鮮度を保つため、出来たてを瞬間冷却

    そのこだわりのお惣菜は、「鮮度」を保つため、出来たてを即瞬間冷却。そして、鮮度を保ったまま、各店舗に冷蔵便で配送します。全ては皆様に「安心」「安全」にお召し上がり頂くために・・・。
    これが、内野家の考える「ほんまに安心。ほんまに安全。ほんまにおいしい。」に向けた取り組みです。

  • コンセプトイメージ02

    おいしい秘密は、「創業以来の大きなお鍋、大きな釜」

    内野家のお惣菜は創業以来使い続けている大鍋、大釜でつくっています。素材の味を生かすように、小さい火でコトコト時間をかけて煮炊きしたり、家庭では出来ないくらいの強火で一気に炊き上げたり、素材の味を最大限に生かして、どこよりもおいしい手づくりのお惣菜にこだわっていきます。

こんな気持ちを込めて毎日お惣菜をつくっています!

  • コンセプトイメージ04

    製造部 部長 中村 慎一Shinichi Nakamura

    素朴な家庭の味を手間ひまかけてつくります。
    仕込から味付けまで、一貫した手作業にこだわり続けること。
    旬の素材を使い、香りを大事にするよう薄味に仕上げます。

内野家 お惣菜&コロッケ ファクトリーの紹介

  • 鮮度管理~下処理場

    1. 鮮度管理~下処理場

    ここで毎日、新鮮なお野菜、お魚を全て手作業で、下処理しています。

  • 調理釜

    2. 調理釜

    創業以来の大がま、そして、新導入の回転蒸気釜でお惣菜を一気に炊き上げます。

  • 4. クリーンルームでパッキング&盛り付け

    外気をシャットアウトした、クリーンルームでお惣菜、お弁当を盛り付け。スタッフも特別な作業着で作業し、異物混入の防止対策もしています。

  • コロッケ製造

    ◎コロッケ製造ライン

    化学調味料・保存料無添加のうちのコロッケを毎日こちらで製造しています。
    出来上がったコロッケは瞬間冷却、瞬間冷凍!! うちのコロッケのページはこちら

  • 内野家号

    5. 出来上がったお惣菜は「内野家号」で各店舗にデリバリー

    内野家のお惣菜は、内野家号(冷凍車)で各店舗にデリバリー。
    「ほんまに安心。ほんまにおいしい。ほんまに手づくり。」お惣菜を各店舗で販売しています。

こだわりの調味料

  • 酢

    すし、サラダ、酢の物、なます、南蛮漬、甘酢などに
    使われている酢は、大阪吹田の近藤造酢のお酢を
    使用しています。
    旨みのある酢は、料理にピッタリです。

  • 油

    揚げ油はキャノーラ油を使用。
    揚げた後、時間がたってもベタつきが少なく、
    アッサリとした味のフライや天ぷらをお楽しみ
    いただけます。

  • みそ

    みそ

    田楽みそ、すみその元になるみそは、
    芦屋、六甲みそより仕入れています。
    つぶみそ、白みそは当店の味にはかかせない食材です。

  • マヨネーズ

    マヨネーズ

    ポテトサラダ、マカロニサラダ、ビーフンサラダ、フルーツ
    サラダ、グリーンサラダにしようしているマヨネーズは、
    新鮮な玉子をたっぷりと使った自家製オリジナルです。
    他店にはない味のサラダマヨネーズです。

  • 内野家のおはなし

    内野家

    内野家は、お父さん、お母さん、お姉さん、お兄さん、弟さん、お姉さんのだんなさんが、毎日まいにち心をこめておいしいものを作っているファミリーです。
     
    お父さんは、会長ですが、料理もします。配送もします。何でもします。
    お母さんは、ずっとお父さんを支えてきています。結婚からわずか数日後に最初の惣菜店を開業したときは驚きましたよね。
    お姉さんは、お父さん、お母さんを早くから手伝って、惣菜店をきりもりしてきました。
    両親が作ったおいしいお惣菜やお弁当を、より多くの方に買っていただけたのもお姉さんの明るい笑顔があったからと言えそうです。
    お兄さんは、社長として、忙しく働いています。両親とお姉さんが築いた惣菜店を、個人商店から会社にしたのは、お兄さんのガンバリがあってこそです。
    弟さんは、華 SAKUを運営しています。おいしい商品をきちんと作り続けるために、日々努力しています。
    お姉さんのだんなさんは、有名な料亭で修業を積んだ一流料理人です。そのだんなさんが、内野家ファミリーの一員となって腕をふるっています。
     
    多くのお客様とスタッフに支えられて、内野家の今日があります。